コーヒーのプロ

若い学生達の集合写真

バリスタと呼ばれる人々

日本ではコーヒーを愛する人が沢山います。そんな日々の生活に欠かせないコーヒーの専門家をバリスタと呼びます。 バリスタは専門的な知識を持ったコーヒーの専門家のことで、多くの喫茶店やコーヒーショップで見かけることができます。 バリスタを育成する専門学校は日本にも存在しており、日夜そこでコーヒーに関する知識や技能を多くの人が学んでいます。 コーヒーにも様々な種類があり、特徴もそれぞれ違います。淹れ方を工夫するだけでも味や香りが変わり、コーヒーそのものの価値を変えてしまいます。 バリスタになることで最適な淹れ方や知識を学ぶことができます。 専門学校では多くの知識を学ぶことができますが、その膨大な知識を生かすためには大手チェーンへの就職が望ましく思えます。 卒業後は多くの種類のコーヒーを扱うお店へ就職することで、その技能を無駄なく発揮できます。

必要とされる職業へ

現在多くのチェーン店ではバリスタを必要としており、専門学校を卒業した生徒を取り入れようと試みが行われています。 本来バリスタと呼ばれる職業は日本では認知度が低く、その技能を発揮できるお店は未だ多くはありません。 それが近年日本へと多くの専門店が出展し、バリスタがその技能を発揮できるようになりました。専門学校を卒業した後すぐに就職を行う人も多く、若いバリスタたちが様々なコーヒーショップへと就職していきます。 今後もバリスタは続々と増えていき、それと同時にコーヒー専門店も増えていくものと思われます。 そして今はまだ少ないバリスタを育成できる専門学校もその数を増やしていき、日本での認知度を広めてくれると思われます。